目標ページの検索順位を支えるのが、サブページです。SEOで高い効果を発揮するためには、サブページの強化は必須です。サブページのリンク構造を考えます。サブページというのは、目標ページから被リンクをもらうことになります。できる限りトップページや、他の目標ページからはリンクを貰わないリンク構造が理想となります。サブページは、主にトップページ、目標ページに発リンクをすることになります。トップページには、一方通行の発リンクにしましょう。ちなみにグローバルナビで自然に発リンクになります。目標ページに紐付いたサブページを増やすようにすると、ページランクが上がりやすいリンク構造になると言われています。サブページを増やす労力がウェブスパムと判定されることもあります。これを避けるために、適度に外部ドメインに発リンクを行う必要がでてきます。発リンク先は、どこでも良いのです。本文のテキストから、閲覧者にとってプラスになると思われるウェブページに遷移できるようにしておきましょう。なお、自分の会社で運用する他のウェブサイトにだけ発リンクするのは、ウェブリング型スパムの問題があるので注意が必要となるでしょう。サブページのパーマリンクは、ページのコンテンツをあらわす英単語にしましょう。注意することとして、目標ページのパーマリンクを重ねないことです。キーワードの英単語を、目標ページと、サブページとに重ねて使用しないということです。パーマリンクとコンテンツには関連性があります。なので、Googleは明確にアラートしています。重複使用wあまりやりすぎると、ウェブスパムと判断されてしまい、インデックスから削除されることもあります。