目標ページのキーワード出現率はWordPressのSEOではとても重要なものです。目標ページは、5〜6%程度のキーワード出現率を目指しましょう。他の目標キーワードの出現率が高くならないように気をつけなければなりません。目標キーワードはタグなどのタイトルに含めていきます。例えば、目標キーワードが「野球」だとして、野球ページのキーワード出現率第一は「野球」が5%にするということです。このウェブページは「野球」について書かれているウェブページだとGooglebotに認識させます。目標ページのレイアウトを考えましょう。目標ページのレイアウトは、ページタイトル、要約文をウェブページの上部に表記します。これはGoogleウェブマスターツールの「HTMLの改善」を改善するために、プラグインの「metamanager」を活かすレイアウトにするためとなります。Meta Managerは、ページ上部のコンテンツを抜粋して、descriptionに設定するので、description設定の手間が大幅に削減してくれます。要約文というのは、検索結果のスニペットとして使用されることがとても多いのです。なので、全角200文字程度でウェブページを見たくなる魅力的な文章を作成することにしましょう。また、要約文には必ず目標キーワードを含めるようにしましょう。コンテンツは「見出し」「写真」「キャプション」「本文」の4つで構成します。このレイアウトを実践しましょう。descriptionを確認すると、プラグインのMetaManagerが、ページ上部の要約分をdescriptionに設定しているのが確認できます。