目標ページへのテキストリンクは、リストタグで直接記述して、
タグで囲みます。目標ページのパーマリンクというのは、目標ページのファイル名(URL)です。パーマリンクは、目標キーワードの英単語が良いと思います。英単語はGoogleの翻訳で検索すると簡単です。パーマリンクは、目標ページに紐付くすべてのサブページのURLにも設定されます。外部ドメインからの被リンクは、この目標ページに集めることになります。トップページではなく、目標ページに集めるのがポイントとなります。また、アンカーテキストも目標キーワード、または目標キーワードを含めたテキストで被リンクしてもらうようにしましょう。WordPressがSEOに強い理由として、ページを構築するテンプレートという仕組みがあるからです。例えばデモページを作ったとして、野球というキーワードに紐付くサブページを何ページ作ったとしても、すべてのパーマリンクは「http://opens.co.jp/demo/baseboll/」となります。これは、パーマリンクが手間なく/baseball/と続くサブページを増やしているためです。手間をかけることなく増やすことができています。コンテンツの面でも、一方通行の内部リンクを増やす面でも役立つでしょう。WordPressのSEOで最も重要なのは、目標ページの文字数や目標キーワードの出現率になります。よく言われるのが、目標ページの文字数は、500文字以上ということです。タグで囲まれた塊として500文字以上のオリジナルテキストを用意しましょう。ちなみに、住所や地名、値段などはテキストとしてカウントしません。