目標ページは、できる限り一方通行の被リンクになるように設計します。Googleウェブマスターツールの内部リンクに影響するので、内部の被リンク対策は必ず行いましょう。目標ページは、目標ページに紐付くサブページに発リンクをして、閉じられた構造を目指します。ウェブサイトの中に、目標キーワードのウェブサイトを作るイメージです。これは他の目標ページのサブページには発リンクをしないということです。重要度の低いウェブページへの発リンクも、できる限り控えましょう。トップページと目標ページでは異なるサイトを作った場合、トップページはブログ・サイトマップ・お問い合わせの3ページへ発リンクしますが、目標ページではお問い合わせの一つしか発リンクしていないという具合に作ります。目標ページ同士は、相互リンク関係を構築します。グローバルメニューで相互リンクの状態になるリンク構造が理想になります。「グローバルメニューで目標ページから、その他の目標ページへ発リンクされているということ。サイドバーには、目標ページに紐付くテキストリンクのみ表示されている。この目標ページから、別のサブページへ遷移することができない」というような仕組みを作りましょう。目標ページのサイドバーの作り方を記していきます。目標ページとサブページの相互リンクは、サイドバーで行うことになります。目標ページを親に持つサブページの出力は、テンプレートタグのwp_list_pages()を使用しましょう。「」となります。