異なる色を混ぜると別の色になるが、このことを混色と呼ぶ。混色は主に加法混色と減法混色に区別される。加法混色は、照明やディスプレイモニタのように光を発する場合の混色で色を混ぜていくと次第に明るさが増し、白に近づいていく。一方、減法混色は色のついたフィルムを重ね合わせたり絵の具を混ぜる時の混色である。色材を重ねるごとに光の吸収成分が増えるので、色を混ぜていくと次第に暗い色になり黒に近づいていく。加法混色と減法混色では色の明るさが反対方向に変化するだけでなく、色味も変化する。例えば赤と緑を混色する場合、赤と緑の量にもよるが、加法混色では黄色になり、減法混色では黒に近い灰色になる。

加法混色と減法混色のいずれの場合でも3つの色からほとんどの色を作り出すことができ、コレを色の三色性とよぶ。混色では作ることのできない色を三原色といい、この三原色からはほとんどの色を混色によって作ることができる。加法混色の場合の三原色は赤、緑、青であり、減法混色の場合の三原色は、シアン、マゼンタ、イエローの粒子が見え、それぞれの混色の割合によって絵、様々な色を再現していることがわかる。多くの印刷物やプリンタではこの三原色の他に黒が使われることが多い。